物を収納する押入れ的なところが少ないので、物がしまいきれない。

我が家には和室に押入れが唯一ありますが、それ以外の部屋にはほとんとと言っていいほど収納スペースがありません。

子供が2人いるのですが、二つ作った子供部屋にもわずかながらの収納スペースしかありません。

ですから布団をしまうのもままならず、二階に上がる階段の手すりにかけて干す状態で毎日過ごしております。

夏場に使った扇風機も勿論置く場所がなく、まだ使っていない下の子の子供部屋の片隅に置かれています。

収納スペースがないわけではありませんが、当初予定していた設計よりも急遽予算の関係で全体的に部屋の大きさ、間取りを小さくしてしまったために実際に出来上がったものが当初、考えていたものとは違った結果となってしまったわけです。

正直言ってかなり不便で困っています。

季節によって使わなくなる扇風機やヒーター、ちょっとした家具や今は必要ないがそのうち使うかもしれない物の置き場がとにかくありません。

建築費用の関係で結局妥協してしまったわけですが、住んでみてこんなに不便な思いをするんだったら費用面で少しくらいの妥協はせずにしっかりと用途を重んじて設計すればよかったと後悔しております。

なぜなら、建ててしまったあとでは取り返しがつかないからです。

リフォームしようにも住宅ローンの支払いが毎月あるので、そのような余分な予算もいまとなっては作れないからです。

ですので、新築をこれから建てようと考えてらっしゃる方々にはくれぐれも建ててから後悔しないようにしっかりと間取りを考えて収納スペース、倉庫的なところの確保多少の妥協は後の後悔に繋がるこれらのことをしっかりと念頭に置いていただき後悔のない住まいづくりをしていただきたいと思います。

もっと詳しく⇒伊勢崎市の注文住宅