客間を設けなかった事。トイレを広くとった事。玄関が暗い。

注文住宅を建てるタイミングと、初めての妊娠が重なってしまいました。

つわりが酷くて、毎週ある打ち合わせに思うように通えなかった事、たくさんのモデルハウスを見学に行けなかった事、子供がいる生活を具体的に想像できなかった事が、失敗した原因だなと思います。

家の知識がない中、注文住宅を建てるのは、とても大変でした。

図面だけでは、曖昧な想像しかできず、リビングに陽が入るようにこだわった結果、北側の玄関が暗くなりすぎてしまいました。

日中でも、電気をつけなければいけないほどです。

次にトイレは広い方がいいと思いましが、実際は掃除をするのが大変になりました。

その分の面積を、違うところへ使えば良かった。

次に一階がリビングのみで、客間を設けなかった為、部屋が散らかっている時に急な来客があると困ってしまいました。

リビングは、どうしても生活感がでてしまいやすい場所なので、常に綺麗にしておく事が大変です。

家を建てる時期と妊娠が重なってしまった事が一番大変でしたし、もう少し、家を建てる時期をずらせたら良かった、もっと家について勉強し、知識をつける時間を作ればよかったなと思いました。

今振り返ってみると、注文住宅にこだわらず、建売でも、良かったのでは?と後悔する部分が多いです。

こちらもおすすめ⇒https://南区注文住宅.com/