南向きの角部屋で日当たりがよく広い寝室を作ったが使わなかった

ちょっと無理をして、南道路の日当たりのよい、間口の広い土地をかいました。

1階には、リビングダイニングとつなげて和室、ウォークインクローゼット、土間収納、お風呂、トイレ。

そして、2階には兄弟それぞれの子供部屋、寝室、納戸、ウォークインクローゼットを作りました。

1階は動線を重要視したため、かなり使いやすい作りとなりました。

帰ってきて、すぐ土間収納へ直行、上着と帽子をおいて、洗面所、台所へ。

洗濯物も1階で洗い、家の東側で干すか天井作り付けの室内干しフックで干して、下着は洗面所、その他は1階ウォークインへという具合です。

その結果、全く2階に上がらない生活になってしまいました。

寝るときでさえ、リビングと続きの6畳和室に布団を引きっぱなしなので、そのまま布団へダイブ。

子ども達も一緒に寝たがるので、2階の寝室は全く使っていません。

総二階で、リビングダイニングに続いて広い部屋なのに。

しかも、角部屋で南向き、日当たり的にもかなり良好です。

将来的には使うのかもしれませんが、こんなに広い寝室ではなく、ふた部屋にするか、後から区切れるようにしておけばよかったと思いました。

しかものれんで仕切ったウォークインと続いているので、空調の効きも悪そうです。

1階だけでなく、2階の使用イメージを固めておくべきでした。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>https://太田市注文住宅.com/